松原智仁|tsubaki pierce (椿の一輪ピアス/シルバー)

 
 
 
 

松原智仁|tsubaki pierce (椿の一輪ピアス/シルバー)


銀線細工作家 松原智仁の手による、椿の花をモチーフにしたピアスです。真っ白な雪景色の中で凛と咲く椿の姿が、作家の現代的な感性で表現されています。立体的に重ねて表現された花びらが、繊細で美しい存在感を放ちます。
「春」の字を持つ椿の花期は冬から春にかけて。俳句においては春の季語です。茶道とも関係が深く、冬場の炉の季節は茶席が椿一色となることから「茶花の女王」の異名を持ってます。
こちらの商品は素焼きの磁器の箱に入れてお届けいたします。大切な方へのギフトにもおすすめです。




□ 商品内容

このページでは tsubaki pierce(椿の一輪ピアス/シルバー)を販売しています。

※ギフトラッピング例の写真に写っている商品は、別のモデルとなりますのでご注意ください。
※ギフトラッピングの包装紙、ステッカー、水引などは、写真とデザインが異なる場合がございます。

モチーフ:椿
モチーフの数:一輪
モチーフのサイズ:約 W9mm D9mm H3mm
作家: 松原智仁
産地: 日本
素材: シルバー925、真鍮、シリコン(キャッチ部分)


□ 松原 智仁 | Tomohito Matsubara について

tomohito matsubara
銀線細工作家

“モノのミゴト” をコンセプトに制作。繊細な銀線を織り上げる伝統的な銀線細工の技法を取り入れながら、現代的な感性で日本の四季の花を表現している。 2000年に彫金をはじめ、2004年から銀線細工作家として活動。以降、現代の着物姿にあう帯留やかんざしを制作し、展示会・イベントへの出展も多数。 2010年には伊勢丹の上顧客用受注展示会「丹青会」に招待出展。2010年「モノのミゴト」展(SferaExhibition)で新しいジュエリーラインを発表。


□ご注文の前に

手作りのため、一点ずつ、風合い、色味、サイズなど、仕上がりに若干の個体差がございます。お届けする商品はこちらの写真と同一のものではございませんので、あらかじめご了承ください。

お使いのブラウザにより、実物の色との間に若干の差が生じる場合がございますので、あらかじめご了承ください。



MAT5615

松原智仁|tsubaki pierce (椿の一輪ピアス/シルバー)

10,800円(税込)

キーワードから探す
トップ
支払い方法
配送方法・送料
プライバシーポリシー
特定商取引法に基づく表記(返品等)